脂肪溶解で脂肪がなくなる仕組みは?

脂肪溶解とはどんなことをするの?

脂肪溶解という言葉を、美容雑誌などのダイエット特集で見かけることがありますが、具体的にはどういうものなのでしょうか?脂肪溶解は、施術としては脂肪溶解注射として行われているようですが、脂肪吸引よりも簡単に脂肪を取り除く効果が期待できると言われています。主に美容外科クリニックなどで施術を受けることができます。脂肪吸引は、切ったりする必要がありますが、脂肪溶解注射は注射器で製剤を注入する方法で行うため、施術当日に帰宅することも可能とのことです。また、脂肪溶解注射は、脚痩せなどの部分痩せにも効果的とのことで、若い女性の間でも注目されています。ただし、脂肪溶解注射は、製剤を注入することや、何度か針を刺すことで、痛みや腫れが生じることもあります。

脂肪溶解の仕組みとは?

脂肪溶解注射は、脂肪吸引のように体にメスを入れることがないため、麻酔などは行いません。脂肪溶解注射自体に麻酔が配合されています。脂肪溶解の注射にはタンパク質などの高分子化合物が含まれています。それらが脂肪の壁に付着することにより、液化して血流に乗り運ばれていくため、3週間後には尿として排出される仕組みです。1回目の施術後に、即効果が現れるというわけではありませんが、脂肪細胞は徐々に減っていきます。施術時間自体は、1箇所につき約10分程度です。脂肪溶解の施術は、体にメスを入れないため負担も少なく、脂肪細胞自体を少なくしていくため、リバウンドしてしまう可能性も低いと言われています。気になる部分の脂肪を落としたいと考えている人には、最適の施術であると考えられます。