注射をする範囲は問題ない?

要らない脂肪だけ落とせる理想のダイエット

太股やヒップに腹部など、特定の部分の脂肪だけを集中して減らしたい、でも大半が脂肪でできているバストのサイズダウンは避けたい、と思っていても、ダイエットをする時に部分痩せを的確に行うのは至難の業です。たいていの場合は気になる部分の脂肪を落とすことに成功しても、同時に他の部分の脂肪まで減ってしまったというケースの方が多いのではないでしょうか。美容医療の一種である脂肪溶解注射を使えば、自分の思い通りに部分痩せをコントロール出来ます。大豆などから抽出されるフォスファチジルコリンという成分を使って、脂肪細胞を直接破壊して溶かしてしまう方法です。溶けた皮下脂肪は血液中を移動していき、最後には尿や汗とともに流れていきます。

安全性が高いのでどこにでも注射できる

脂肪溶解注射の薬剤に配合されているフォスファチジルコリンは、材料も卵黄や大豆などの食品から作られるので非常に安全性の高い物質です。海外では脂質異常症の薬品としても使われています。ダイエットサプリなどの健康食品にもよく配合されているので、体内に入っても悪影響はありません。基本的に皮下脂肪があるところなら、どんな部位にでも注射をすることは可能です。顔や腹部、太ももや二の腕など、様々なところに注射できます。ただ、脂肪溶解注射は細かく脂肪を減らして、ボディラインなどを微調整する為によく用いられる方法なので、一度に大量の脂肪を減らすなら脂肪吸引手術が最適です。施術後に少し赤くはれることもあるので、顔はダウンタイムがほとんどないBNLSの方がいいかもしれません。