脂肪溶解の薬液は日本製?それとも海外製?

脂肪溶解注射に使われる薬液の特徴を確認しよう

国内の美容外科のクリニックで行われている脂肪溶解注射の際には、海外製の安全な薬液が使われることが多く、肌質や皮下脂肪の状態に合わせて、担当の医師に適切なものを選択してもらうことができます。また、日本製の薬液にこだわって施術を受けたい場合には、脂肪溶解注射の実績のあるクリニックに直に問い合わせをすることがおすすめです。最近では、身体に負担が掛からないように、脂肪溶解注射の薬液の使用量を調節しながら施術を行ってくれるクリニックも増えており、初めて施術を受ける人も安心できます。なお、海外製の薬液の成分による副作用が心配な場合には、カウンセリングの際に持病や体質について医師に伝えておくことが大事です。

安全性の高い脂肪溶解注射ができるクリニックを選ぶポイント

脂肪溶解注射は、専用の薬液を使って皮下脂肪を溶かす施術のひとつですが、医師の経験や技量などにより、仕上がりに差が出ることもあります。そこで、一回の施術で納得のいく効果を得るために、多くの症例のあるクリニックを選ぶのはもちろん、主治医とコミュニケーションをしっかりと取ることが大切です。また、皮下脂肪がたくさん溜まっているパーツに注射をする際には、薬液の量が多くなることがあるため、トラブルを避けるうえで事前に担当の医師から施術の流れについて説明を受けると良いでしょう。なお、脂肪溶解注射の施術の後に専用の機器を使ってトリートメントをしてくれるクリニックもあり、肌の弱い人も無理なく美しい状態を保つことができます。