脂肪溶解の仕組み

脂肪溶解で脂肪がなくなる仕組みは?

Learn more

なぜ部分的に脂肪を減らせるの?

Learn more

健康面のリスクが少ない脂肪溶解の利用方法

即効性のあるダイエット方法として普及している脂肪溶解治療は体への負担が大きい問題があります。事前の検査を入念に行い、体調を考慮して薬剤の成分や量を調節する医療機関を選ぶのが安全に治療を受ける秘訣です。

脂肪溶解の注意

脂肪溶解の薬液は日本製?それとも海外製?

国内の美容外科のクリニックで行われている脂肪溶解注射の際には、海外製の安全な薬液が使われることが多く、肌質や皮下脂肪の状態に合わせて、担当の医師に適切なものを選択してもらうことができます。また、日…

Learn more

混ざっていると良くないものがあるの?

脂肪溶解注射で使用されている薬剤は、基本的にハーブを中心とした植物由来の成分で構成されています。これによって安全に体内に注射することができると言われているのですが、実はハーブや植物由来の成分以外に…

Learn more

注射をする範囲は問題ない?

太股やヒップに腹部など、特定の部分の脂肪だけを集中して減らしたい、でも大半が脂肪でできているバストのサイズダウンは避けたい、と思っていても、ダイエットをする時に部分痩せを的確に行うのは至難の業です…

Learn more

溶けた脂肪はその後元に戻らないの?

脂肪を血液に溶かして流す

数ある痩身医療の中でも、身体への負担の軽さから人気を集めているのが、脂肪溶解注射です。 脂肪溶解注射とは、脂肪溶解作用を持つ薬液を皮下脂肪のある部分に注射して、部分痩せ効果を目指す技術です。外科手術などを必要とせず、術後のダウンタイムも軽微なのが特徴です。 脂肪溶解注射に使われる薬剤にはいくつかの種類がありますが、代表的なものとして挙げられるのがホスファチジルコリンです。ホスファチジルコリンは食品や化粧品などに含まれる乳化剤としておなじみのレシチンに含まれる成分で、水と油の両方に親和性を持っています。この性質によって皮下脂肪を血液中に溶かし込み、自然に体外へと排出させるというのが脂肪溶解注射の基本的な仕組みです。

リバウンド対策にも役立つ

脂肪溶解注射によるサイズダウン効果は、術後すぐにではなく徐々に現れてきます。これは、血液中に溶け出した脂肪が体内をめぐり、新陳代謝によって老廃物となるまでに一定の時間がかかるからです。 では、効果が現れるまでの間に脂肪が再び固まって元に戻ってしまうことはないのかというと、基本的にはその心配はありません。というのも、脂肪溶解注射に使われる薬剤には、脂肪細胞を減らす効果もあるとされているからです。 通常、皮下脂肪は脂肪単独で存在しているわけではなく、脂肪細胞という細胞の中に蓄えられています。脂肪溶解注射の薬剤はこの脂肪細胞の細胞膜から浸透し、細胞を内側から分解する働きがあります。そのため、脂肪の貯蔵能力そのものを減らすことが可能なのです。